Profile プロフィール

Healer HINATA 高木陽向

女性の魅力・素晴らしさを解放するヒーラー.。

ごく一般的な家庭に生まれる。

1月1日生まれ千葉県木更津市出身。

■孤独な幼少期

2才の頃両親が離婚、父・姉・祖母と別居し母との2人暮らしが始まる。
父親と一緒にいた記憶はなく、名前も覚えていない。

 

母は日中仕事のため、いとこの家に預けられ迎えに来るのは夜だった。
 それゆえ1人には慣れっこで、寝るのもずっと1人だった。

 

■小学校時代
小学校に上がる前、母が再婚。
木更津市内に一軒家を建て、幸せな暮らしが始まる。
隣の市の小学校に通っており、日中は預けられ夜迎えに来る生活は変わらぬものの、休日は家族でデパートに行ったり、母はブランドものの子供服を買ってきてくれたり、
「これ欲しい!!」と言ったものは買ってもらえるという豊かな生活を送る。

 

小学4年生の頃、我が家に猫2匹がやってくる。

 

この年に別居していた実の父が急死。
小学生の自分にはとてつもなく大きなショックであった。

 

小学校高学年になったある日、別居していた5つ上の姉と同居することになり家族4人と2匹になる。

 

塾に通い始めた私はある日、芸能活動をしている女の子と出会う。
興味本位で私もやりたいと母に告げたところ、
「ここ受ける?」と特待生オーディションを勧めてくれた。
結果は特待生とはいかなかったものの、養成所の生徒になることができ、ダンス・演技・ボイストレーニングを受けることになった。

 

演技のレッスンで台本読みをしていたところ、「舞台に出ないか」と講師に勧められる。
入学1ヶ月足らずで舞台デビューを果たし、その夏に一緒に入学した2つ下の女の子とデュエットを組みステージデビューも果たした。

 

そのデュエットが好評で、その年の東京ラーメンショーのステージにも上がることになった。
初めてたくさんのお客さんの前に立ちとても緊張したことを覚えている。

 

その後東京ラーメンショーのステージには3年連続立った。

 

■アイドルに青春を捧げた中学時代
小学校を卒業し、木更津市内の中学校に入学。隣の市からの入学なので知ってる人はおらず、とても不安だったが入学式当日に家の近い友達が出来、これからが楽しみだった。

 

中学1年生の夏。レッスン終わりに呼び出され、突然「これからアイドルやることになったから、よろしくね」とだけ言われそのままアイドル活動をすることになる。

 

アイドルになったものの、自分の笑顔が好きになれず「華がない」と言われ続けたが、
私には”華”意味がよくわからず、ずっと悩む。
結局選抜には選ばれず、そのアイドルグループでのステージ経験はほぼ無かった。

 

中学2年生5月、母が離婚。
アイドル活動をしていたこともあり、母と2人で東京へ出た。
新しい中学校に転校するも、アイドルをやっていることをバカにされ、いじめられる。

 

そして所属していたアイドルグループをクビ(脱落)になり、
新しいアイドルグループに所属することになる。

 

新しいグループに所属しお客さんと接する機会が増え、ファンから「笑顔がいいよね」と言われることが多くなり、自分の笑顔には魅力があるという事に気付かされる。
そこから自分の笑顔に自信を持てるようになり、上手く笑顔を作れるようになった。
 

 

■将来を思い悩んだアルバイト時代
中学校卒業と同時にアイドルを引退、中学校不登校で母子家庭ということもあり高校への進学を諦める。そして近くのコンビニでアルバイトを始めることになった。

 

目標も見つからず、将来を考えては不安に押しつぶされそうになり枕を濡らす。

 

当時はアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のファンで、ライブに行くことだけが唯一の楽しみだった。
”ももクログッズ”にひたすらお金をつぎ込んでいた。

 

■ヒーリングと出会う
そんな折、ヒーラーASATOと出会い、ヒーリングの世界に触れる。
初めは話についていけず、「え?何を言ってるの?」と頭の中がハテナだらけ状態であったが次第に理解できるようになり、興味をもつ。

 

自分の思考が書き換えられるということを知り、しかも一瞬で自分の考えが変化し気持ちが楽になることに驚く。

 

Healer ASATOに、ヒーリングのセンスと才能を見抜かれヒーラーデビューを果たす。